肩こりは、日中ずっとパソコンを使った作業をしている人や、ほとんど姿勢を変えずに過ごしている人に起こりがちな症状です。肩こりがひどくても、転職をしたり、休憩を入れたりということは難しいので、いよいよ肩こりは深刻化していく一方となるものです。

肩こりになってしまう原因を知ることによって、対策方法が分かります。人間の体はずっと同じ姿勢でいると筋肉の収縮が行われずに血流が悪くなってしまい、肩こりの原因になってしまいます。パソコン作業をしていて、目を使いすぎた時に、目の筋肉の疲労が肩こりを引き起こすこともあるようです。血行が悪い場合には、肩の筋肉のストレッチ運動などが有効です。肩こりの症状を和らげる方法としては、ストレッチや筋トレのほか、筋肉のマッサージをすることがあります。サプリメントを飲むことで、体の内部から肩こり対策効果を得るというやり方も有効だといいます。例えば血流が悪くなったために起こった肩こりの場合は、血流をよくする働きがあるイチョウ葉エキスをサプリメントで摂取することがおすすめです。末梢血管拡張作用がある酢酸が含まれている黒酢、血流改善に加えて筋肉の疲労回復も助けてくれるビタミンBやC・Eなども肩こりのサプリメントとしてよく知られています。肩こりを引き起こしているものが目の疲れだったならば、アントシアニンのような眼精疲労に対して効果がある成分がおすすめです。アントシアニンが多く含まれているビルベリーやブルーベリーを利用したサプリメントは人気の商品で、多くの人に利用されています。
ルートローラー 最安値